News

初期人類「ルーシー」の起源に新説

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2019.191106

原文:Nature (2019-08-28) | doi: 10.1038/d41586-019-02573-w | Rare 3.8-million-year-old skull recasts origins of iconic ‘Lucy’ fossil

Colin Barras

2016年にエチオピアで発見された380万年前のヒト族の頭蓋骨化石によって、初期のヒト族の進化系統樹がこれまで考えられていたより複雑な形であることが示唆された。

この380万年前の頭蓋骨化石は、アナメンシス猿人のものとみられる。 | 拡大する

Dale Omori/Cleveland Museum of Natural History

ほぼ完全な古代の頭蓋の化石が、人類の最初期の祖先について新たな事実を語り始めた。2016年にエチオピアで発見された、稀有な保存状態の380万年前のヒト族の頭蓋骨が解析され、分析結果がNature 2019年9月12日号214ページで発表された1。この結果は、人類の最も有名な祖先の1人「ルーシー」の起源に関する見方を一変させる可能性がある。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度