News

超多剤耐性結核の新しい治療法が米国政府の承認を取得

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2019.191002

原文:Nature (2019-08-14) | doi: 10.1038/d41586-019-02464-0 | Treatment for extreme drug-resistant tuberculosis wins US government approval

Amy Maxmen

新薬と2つの既存の薬剤を併用した薬物療法の臨床試験で、最も死亡率が高いタイプの結核患者の90%が治癒に至った。

南アフリカ共和国の病院に入院しているXDR TBの患者。 | 拡大する

PIETER BAUERMEISTER/AFP/Getty Images

米国食品医薬品局(FDA)は2019年8月14日、広範な抗結核薬に治療抵抗性を示す多剤耐性結核を治療するための新薬を、既存の2種類の薬剤と併用するレジメンにて承認した。この薬物療法の臨床試験では、6カ月間この治療を受けた超多剤耐性結核(XDR TB)患者の90%近くが治癒に至った。XDR TBに対して現在行われている薬物療法の奏効率は、平均で34%程度にすぎない。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度