News

恐竜の集団営巣行動を示す強力な証拠

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2019.191011

原文:Nature (2019-07-15) | doi: 10.1038/d41586-019-02174-7 | Ancient Mongolian nests show that dinosaurs protected their eggs

Jonathan Lambert

モンゴル南東部で獣脚類恐竜の大規模な集団営巣跡が発見され、一部の恐竜が、現在の鳥類などと同様に集団で巣を作り卵を守っていたことが示唆された。

拡大する

Masato Hattori

日本、カナダ、韓国、モンゴルからなる国際研究チームによる調査で、モンゴル・ゴビ砂漠東部の「ジャブラント層(Javkhlant Formation)」と呼ばれる後期白亜紀の地層(約8600万〜7200万年前)から、非鳥類型獣脚類恐竜のものとみられる巣の化石が狭い範囲に多数集中しているのが見つかった。タフォノミー(化石生成学)的および堆積学的な証拠に裏付けられた、獣脚類恐竜の集団営巣行動を示す今回の成果は、2019年7月5日付でGeologyに報告された1。論文著者の1人である王立ティレル古生物学博物館(カナダ・アルバータ州ドラムへラー)の古生物学者François Therrienは、「恐竜はよく、単独で行動し、巣を作って卵を埋めたら後は放っておく、というように描かれますが、今回の研究で、一部の恐竜は群れを成す傾向が強かったことが分かりました。集団で巣を作り、それを守っていたようなのです」と説明する。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度