News

電気刺激で脊髄損傷患者の脚の運動機能が回復

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190102

原文:Nature (2018-10-31) | doi: 10.1038/d41586-018-07251-x | Three people with spinal-cord injuries regain control of their leg muscles

Matthew Warren

試験的な治療により、3人の脊髄損傷患者が脚の筋肉の制御能を取り戻したことが報告された。ただし、効果が証明されたのは今のところ、運動機能がいくらか残存している患者のみだ。

合成画像に写っているDavidは、この治療の恩恵を受けた3人の被験者の1人である。 | 拡大する

EPFL Jamani Caillet

電気刺激の助けによって、3人の脊髄損傷患者が脚の筋肉の制御能を取り戻し、歩行能力が改善された。患者のうち1人は、治療以前には歩くことができなかったが、補助器具を使って歩行できるようになった。また重要なことに、刺激療法の中止後も、被験者全員の筋肉の動きに何らかの改善が見られ、そのうちの2人は歩行能力における改善が持続した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度