News

CRISPRで細胞内事象をDNAに記録

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180513

原文:Nature (2018-02-22) | doi: 10.1038/d41586-018-02068-0 | CRISPR hack transforms cells into data recorders

Heidi Ledford

遺伝子編集技術CRISPR–Cas9系を利用して、細胞内で起こるさまざまな出来事をその細胞内に記録できることが報告された。

拡大する

DR GOPAL MURTI/SCIENCE PHOTO LIBRARY/Science Photo Library/Getty

すっかりおなじみとなった遺伝子編集技術CRISPR–Cas9を利用して、細胞内のDNAを高感度な記録装置として利用できることが実証された。このレコーダーは、細胞内事象の持続時間や順序を記録できるだけでなく、DNA中に記録した情報を消してから再記録を始めることもできる。この研究成果は、2018年2月15日にScienceオンライン版に掲載された1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度