News

ホモ・サピエンスの移動に新説を突きつけたイスラエルの化石

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180514

原文:Nature (2018-02-01) | doi: 10.1038/d41586-018-01261-5 | Israeli fossils are the oldest modern humans ever found outside of Africa

Ewen Callaway

アフリカ以外の場所で発見されたヒト化石の中で、これまでで最古のものが見つかった。この骨は、人類が18万年前にアフリカを離れたことを示唆している。

このほどイスラエルで見つかった上顎と歯は、アフリカ外のホモ・サピエンスを示す最古級の証拠と考えられる。 | 拡大する

ISRAEL HERSHKOVITZ, TEL AVIV U

2018年1月25日付のScienceで発表された論文1によれば、イスラエルの洞窟で発見された上顎と歯は、その地域で出土した他のヒト化石よりも5万年以上古いものであるという。この結果は、ホモ・サピエンス(Homo sapiens)が、これまでの想定をはるかにさかのぼる約18万年前にアラビア半島まで広がっていた可能性を示唆している。しかし、その化石がホモ・サピエンスの一時的な進出を示しているのか、それとももっと長期的な拡散を示しているのかは、明らかになっていないという。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度