News

次なる「緑の革命」作物の育種

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2018.181102

原文:Nature (2018-08-15) | doi: 10.1038/d41586-018-05980-7 | ‘Green revolution’ crops bred to slash fertilizer use

Jeremy Rehm

1960年代に「緑の革命」を起こした作物は、高収量だが窒素吸収能が低いために窒素肥料使用量が増加し、環境へ悪影響を及ぼしていた。今回、この「緑の革命」作物の育種によって、高収量を維持しつつ、窒素吸収能の改善に成功したことが報告された。

拡大する

Ref.1

植物の窒素吸収能を増強する遺伝子を利用して育種することで、イネやコムギなどの主要作物の収量を維持したまま、施肥量を減らせる可能性があるという論文が、Nature 2018年8月30日号595ページに掲載された1。今回の研究は、世界中の農家の経済的負担を大幅に軽減するとともに、窒素に富む水や土壌が農地から河川や海洋へ流出して起こる環境汚染を抑制するのに役立つ可能性がある。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度