Publishing Academy

学術界サバイバル術入門 — Training 5:学術英語 ②

Credit: macrovector/iStock/Getty Images Plus/Getty

前回1は、論文執筆で重要な3つの原則(認知負荷理論、認知バイアス、そして読者の予想)について説明しました。今回も、あなたの考えの影響力を最大にするために、明快な論文を書く旅を続けましょう。(過去の無料公開記事はこちら

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

翻訳:古川奈々子

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 11

DOI: 10.1038/ndigest.2018.181116

参考文献

  1. Robens J. Nature ダイジェスト https://doi.org/10.1038/ndigest.2018.180917 (2018).
  2. www.nature.com/authors/author_resources/how_write.html
  3. www.amamanualofstyle.com/view/10.1093/jama/9780195176339.001.0001/med-9780195176339-div2-263
  4. blog.apastyle.org/apastyle/2016/05/passive-and-active-voice.html
  5. pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/bk-2006-STYG.ch004
  6. Ferreira F. Cogn Psychol. 47, 164–203 (2003).
  7. Mack J. E. et al. Brain Sci. 3, 1198–1214 (2013).
  8. Sword H. Stylish Academic Writing (Harvard University Press, 2012).
  9. Pinker S. The Sense of Style: The Thinking Person's Guide to Writing in the 21st Century (Penguin Books, 2014).