News & Views

反射を伴わない負の屈折

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2018.181134

原文:Nature (2018-08-01) | doi: 10.1038/d41586-018-05806-6 | Reflection forbidden and refraction reversed in an artificial crystal

Baile Zhang

トポロジカルな音波の人工結晶「ワイル・フォノニック結晶」の2つのファセットの境界において、反射を伴わない音波の負の屈折が実現された。

波(波動)は、2つの異なる媒質間の境界を通過する際に進行方向を変える。「屈折」と呼ばれるこの現象は、多くの光学レンズや光学機器の基礎をなす他、音波が光波のように振る舞う場合にも広く見られる。波動の屈折は一般に反射を伴うが、今回、武漢大学(中国湖北省)のHailong Heらは、ある特殊な人工物質では音波が反射を伴わずに通常とは逆の方向に屈折するという、これまで観察されたことのない屈折現象を見事に実証し、Nature 2018年8月2日号61ページに報告した1。今回の知見によって、エレクトロニクスやフォトニクスのシステムにおける波動制御の精度を改善できる可能性がある。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度