News

余震の予測もAIで

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2018.181104

原文:Nature (2018-08-29) | doi: 10.1038/d41586-018-06091-z | Artificial intelligence nails predictions of earthquake aftershocks

Alexandra Witze

ニューラルネットワークを用いて本震後に余震が発生する場所を予測する手法は、従来の予測法よりも正確であることが示された。

2016年の熊本地震では、本震と余震により50人の死者が出た。 | 拡大する

TARO KARIBE/INTERMITTENT/GETTY

13万以上の地震のデータを用いてニューラルネットワークを訓練したところ、標準的な手法よりも高い精度で余震が発生する場所を予測することができた。科学者たちはこの研究について、大地震の際などに生じる地中の応力の変化が余震を引き起こす仕組みを新しいやり方で探究できるようにするものだと評価する。また、地震のリスクを評価するための新手法を開発している研究者にとっても役立つ可能性がある。この研究結果は、2018年8月29日、Natureに報告された1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度