Editorial

ハリケーンの襲来とトカゲの足の特徴の変化

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2018.181139

原文:Nature (2018-07-25) | doi: 10.1038/d41586-018-05821-7 | How lizards got their big feet

自然選択が起こっているところはめったに見られない。このほど、カリブ海の荒天を生き延びた生物がそれを垣間見せてくれた。

拡大する

Colin Donihue

チャールズ・ダーウィンは、愛好家から送られてきたアングレカム・セスキペダレ(マダガスカル島固有のラン)を見るなり、この花の長い管の内側にある花蜜に届くほど長い口吻を持つ花粉媒介生物の存在を予測した。彼の死後20年ほどで、そのような長さの口吻を持つキサントパンスズメガが発見され、ダーウィンの予測の正しさが証明された。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度