News

大麻由来の抗てんかん薬が米国で承認

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2018.181015

原文:Nature (2018-07-12) | doi: 10.1038/d41586-018-05659-z | Coming soon to a lab near you? Genetically modified cannabis

Amy Maxmen

米国食品医薬品局が大麻由来の薬剤を初めて認可した。これを口火に、大麻成分の研究に対する法的規制の緩和が期待されている。

カナダの施設で昔ながらの方法で栽培されている医療用マリファナ。 | 拡大する

RICHARD LAUTENS/GETTY

2018年6月25日、米国食品医薬品局(FDA)は大麻に含まれる化合物カンナビジオール(CBD)をベースとしたてんかん発作治療薬「エピディオレックス」を認可すると発表した。大麻成分は連邦麻薬法では禁止薬物に当たるため、全米の医師がエピディオレックスを合法的に処方できるようになるためには、米国の麻薬取締局(DEA)が9月24日までにこの薬剤を別のカテゴリーに再分類する必要がある。多くの研究者は、今回、エピディオレックスだけでなく、カンナビジオールそのものの再分類を望んでいる。そうなればもっと容易に、このマリファナの非幻覚剤成分を研究できるようになるからだ(2014年6月号「米国の大麻研究を妨害する連邦政府の官僚主義」参照)。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度