News & Views

古いヒト族のアジア到達を示す石器

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2018.181033

原文:Nature (2018-07-26) | doi: 10.1038/d41586-018-05293-9 | An early hominin arrival in Asia

John Kappelman

約210万年前の石器が中国で発掘された。この証拠により、アフリカ外のヒト族種のものであることが確認されている最古の痕跡の年代が、さらにさかのぼることになった。

拡大する

Credit: Prof. Zhaoyu Zhu

「人間がほとんどいない世界を想像してみる」。これは、ポストアポカリプス(終末もの)SFの題材としてよく取り上げられるだけでなく、初期の人類[ヒトやヒト属(Homo)の絶滅種、およびそれ以外の近縁二足歩行種を含む系統樹上の種]がアフリカを出て未踏の地へ入り込むまでの地球の歴史の大部分にも当てはまるものだ。最終的に人間は地球全体に広がることになったのだが、その歩みはどのヒト族によるものだろう。また、いつ、どうやって、どのルートで移動したのだろう。こうした初期の分散の痕跡を発見する野外での研究は、我々に何らかの解を与え、ヒト族の行動に関する洞察をもたらすと考えられる。中国科学院広州地球科学研究所のZhaoyu Zhu(朱照宇)らはNature 7月26日号 608ページで、200万年以上前の中国におけるヒト族の活動を裏付ける証拠を示し、これまで知られていなかった古い年代にヒト族がアフリカの外に存在していたことを明らかにした1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度