News

カメ類の起源と初期進化に新たな手掛かり

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2018.181005

原文:Nature (2018-08-19) | doi: 10.1038/d41586-018-06012-0 | 230-million-year-old turtle fossil deepens mystery of reptile's origins

Jeremy Rehm

約2億2800万年前の新種のカメ類化石が発見された。頭蓋や肋骨の形状などからはカメ類進化についての重要な手掛かりが得られたが、現生種に似たくちばしの存在は爬虫類進化におけるカメ類の位置に関する謎をさらに深めるものとなった。

「エオリンコケリス(Eorhynchochelys sinensis)」の想像図。 | 拡大する

Yu Chen

カメ類に見られるくちばしや甲羅といった独特な形質は、どのように進化したのか。今回、この謎を解く手掛かりをもたらす新種のカメ類化石が、中国西南部で発見された1。「エオリンコケリス(Eorhynchochelys sinensis)」と命名されたこの古代カメ類の標本は、約2億2800万年前の地層から見つかったもので、関節がつながったほぼ完全な全身骨格からなり、全長は2.3m近くある。歯のないくちばしは現生カメ類のものに似ているが、頭蓋に見られる他の特徴はより中間的で、肋骨の形状などはこれより約1000万年以上前に生きたまた別の古代カメ類の方に近い。Nature 2018年8月23日号476ページで報告された今回の成果は、カメ類の形質進化の道筋を明らかにする一方で、爬虫類進化の複雑さを改めて示すものとなった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度