News

ホウセキカナヘビの背中のデジタル迷彩柄が生まれる仕組み

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170602

原文:Nature (2017-04-12) | doi: 10.1038/nature.2017.21817 | How lizards get their spots

Sarah McQuate

ホウセキカナヘビの背中の模様の形成の仕組みは、動物の体の模様を記述する一般的な規則には当てはまらないと考えられてきた。このたび、このトカゲでは、鱗の1枚1枚が隣接する鱗との間で色を調節していて、こうした仕組みは「セルオートマトン」という数学モデルに当てはまることが分かった。

拡大する

Michel C. Milinkovitch

ホウセキカナヘビ(Timon lepidus)というトカゲの成体の背中には、黒と緑色の渦巻き模様がある。皮膚模様がある動物は珍しくないが、ホウセキカナヘビは、その背中に広がる迷路のような模様を、多くの動物とは異なる方法で発達させることが突き止められた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度