News Scan

血液がん治療に新手法の可能性

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170207b

アミノ酸「バリン」が造血幹細胞に及ぼす影響に着目

白血病など「血液がん」を治療するのに、特別の食事制限が利用される日がくるかもしれない。「バリン」という必須アミノ酸が造血幹細胞の生成に重要な役割を果たしていることが発見されたのだ。血液がんの治療で化学療法や放射線照射に代わる方法につながる可能性があるという。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度