News

巨大衝突クレーターの形成過程が明らかに

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170210

原文:Nature (2016-11-24) | doi: 10.1038/nature.2016.20994 | Rock core from dinosaur-killing impact reveals how enormous craters form

Alexandra Witze

恐竜絶滅のきっかけとされている小惑星衝突の巨大クレーターで大規模な掘削プロジェクトが行われ、得られたコアサンプルから、謎の環状構造「ピークリング」の起源をはじめ、巨大衝突クレーターの形成過程の詳細が明らかになった。

チクシュルーブ・クレーターの掘削調査で回収されたコア。ピンクがかった花崗岩の結晶からは、クレーターの形成過程に関する重要な手掛かりが得られた。 | 拡大する

DSMITH@ECORD

メキシコ・ユカタン半島の海底下には、約6600万年前の小惑星衝突によって形成された、直径200kmに及ぶ巨大な「チクシュルーブ・クレーター(チチュルブ・クレーターとも呼ばれる)」が埋没している。この小惑星衝突は、地球規模の劇的な環境変化をもたらして恐竜を絶滅に追いやった原因として有名だが、衝突クレーター自体については、地下数百mの深さに埋没していて直接的な調査が難しいため、その構造や形成過程はこれまで推測の域を脱していなかった。そんな中、2016年春に国際的な大規模プロジェクト「国際深海科学掘削計画(IODP)」の一環としてチクシュルーブ・クレーターの掘削探査が行われ、その分析結果の第一弾がScience 2016年11月18日号に発表された1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度