News

南極海に巨大な海洋保護区

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170208

原文:Nature (2016-11-03) | doi: 10.1038/nature.2016.20900 | World’s largest marine reserve hailed as diplomatic breakthrough

Quirin Schiermeier

南極大陸沿岸の南極海に世界最大の海洋保護区を設けることで各国が合意した。

南極海のロス海は、地球上で最も人間の手が加わっていない生態系の1つであり、多様な海洋生物が生息している。 | 拡大する

PAUL NICKLEN/NATIONAL GEOGRAPHIC/GETTY

米国、中国、ロシア、日本などを含む24カ国と欧州連合(EU)は2016年10月28日、4年間にわたる協議の末、南極大陸沿岸の南極海に面積155万km2の世界最大の海洋保護区(MPA)を設けることで合意した。この海域では、公海であるにもかかわらず、ほぼあらゆる漁業が禁じられることになり、海洋の自然環境保護において大きな前進といえる。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度