News & Views

光学顕微鏡と電子顕微鏡で観察可能なナノ粒子プローブ

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170233

原文:Nature (2016-11-24) | doi: 10.1038/nature20478 | Improving the image of nanoparticles

Christopher S. Wood & Molly M. Stevens

蛍光ナノダイヤモンドと金ナノ粒子を組み合わせた生体適合性プローブが開発され、光学顕微鏡と電子顕微鏡の両方を使った細胞イメージングが可能になった。これにより、生物学研究に新たな進展がもたらされることだろう。

ダイアモンドは結晶中に格子欠陥や不純物を含んでおり、 紫外線や可視光、赤外線を吸収すると蛍光を発する。 | 拡大する

Patrick Landmann/Hulton Archive/Getty

ダイヤモンドは、きらめきを放つことで有名だが、ここ数年、蛍光を放つナノスケールのダイヤモンドが多くの科学者たちを引きつけている。蛍光ナノダイヤモンド(fluorescent nanodiamond;FND)と呼ばれるこの粒子は、強い蛍光を発し、細胞に対する毒性が低く、化学物質や光に対して安定なので、蛍光細胞イメージングの魅力的なプローブとなる1。しかし、FNDは電子顕微鏡では追跡することが難しいため、細胞過程の観察などで生物学的プローブとして実用するには限界がある。そうした中、ウルム大学(ドイツ)およびマックスプランク高分子研究所(ドイツ・マインツ)に所属するWeina Liuらは、FNDと金ナノ粒子を組み合わせて、蛍光イメージングにも電子顕微鏡にも使用できる「オールインワン」型のハイブリッド粒子を作製したことをNano Lettersに報告した2。このハイブリッド粒子を用いれば、1つの試料で、エンドサイトーシス(細胞が物質を取り込む膜依存性の過程)などの細胞過程を、複数の解像度で観察可能になるかもしれない。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度