News Scan

アザラシの時間感覚

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170207a

1秒足らずの違いをちゃんと識別

毎日のスケジュールや季節的サイクルに従って行動する動物は数多いが、彼らは短時間の区別、例えば3秒と13秒の区別ができるのだろうか? マルハナバチやハト、ネコなどが、ある程度の精度で時の経過を認識していることは知られている。ロストック大学海洋科学センター(ドイツ)の生物学者Frederike D. Hankeは長年にわたる捕獲アザラシの研究の結果、アザラシも時間認識が可能らしいことを見いだした。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度