News Scan

銅が悪臭の感度を増幅

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170109b

チオール類の検知を強めている

拡大する

ARTPARTNER-IMAGES/GETTY

米国と中国の化学者チームは今回、この超高感度は金属の銅による効果だということを明らかにした。研究チームは、この不快なにおい分子を検知する受容体が鼻の粘液中に存在する銅の粒子とも結合することを突き止め、2016年9月にJournal of the American Chemical Societyに報告した。銅は、チオールの強度をおよそ1000倍にも増幅しており、また、銅と結合できないチオール受容体を作り出して実験したところ、チオールへの感受性がほとんど消えることが分かった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度