News & Views

アフリカツメガエルの難解なゲノムを解読!

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170129

原文:Nature (2016-10-20) | doi: 10.1038/538320a | Genomics: A matched set of frog sequences

Shawn Burgess

重要なモデル動物でありながら、そのゲノムの複雑さから長らく解読が困難とされてきたアフリカツメガエル(Xenopus laevis)のゲノム塩基配列がついに解読された。詳細な解析からは、ゲノムの進化の様子も明らかになった。

拡大する

tunart/iStock/Getty Images Plus/Getty

生物学者に「あなたの研究分野で最も価値のあるモデル動物は?」と質問してみよう。発生生物学者なら、おそらくアフリカツメガエル(Xenopus laevis)をリストの最上位付近に据えるはずだ。一方、遺伝学者はこの動物をトップ10にすら入れないだろう。この違いはどうして生じるのか? その理由の1つに、アフリカツメガエルのゲノムが「全ゲノム重複」によって複雑化していることが挙げられる。この複雑さゆえに、現代の遺伝学では必須の「ゲノムアセンブリ(ゲノムDNA断片配列の再構築)」が極めて困難になっているのだ。ところが今回、カリフォルニア大学バークレー校(米国)のAdam Sessionらは、この大きな困難を克服してアフリカツメガエルのゲノム塩基配列解読に見事成功し、その結果をNature 2016年10月20日号336ページに報告した1。生物学のさまざまな分野を大きく推し進めることになるこの偉業は、最先端の技術と大規模な国際コンソーシアム(日本からは東京大学など18機関が参加)による精力的な研究によって成し遂げられた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度