News

arXivがリニューアルを計画

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160919

原文:Nature (2016-06-30) | doi: 10.1038/534602a | ArXiv preprint server plans multimillion-dollar overhaul

Richard Van Noorden

arXivは近くリニューアルを計画しているが、利用者へのアンケート調査の結果、利用者たちは現状に満足しており、大幅な変更には警戒感を持っていることが明らかになった。

拡大する

ROGER HARRIS/Science Photo Library/Getty

arXivは物理学者やコンピューター科学者や数学者が論文のプレプリントをオープンに共有できる人気のリポジトリだ。その刷新に向けて、数百万ドル規模の資金調達が行われることになった。しかし、2016年6月下旬に発表された大規模な利用者調査の結果では、サイトの大幅な変更に対して研究者たちが強い警戒感を持っていることが明らかになった。

arXivは、すでに現代科学のインフラの一部として不可欠の存在になっている。2015年のarXivのダウンロード数は約1億3900万で、現時点では110万本以上の論文を無料で読むことができる。しかし、arXivのプログラム・ディレクターOya Riegerによると、このサイトは、脆弱なコードと、図書館および慈善財団からの寄付と、150人ほどのボランティアのモデレーター(投稿論文をチェックする人)の善意によって、やっとのことで維持されているという。2016年8月に設立25周年を迎えるにあたり、科学者と図書館員からなるarXivの諮問委員会は、プラットフォームを刷新するための250万~300万ドル(約3億6000万〜3億2000万円)の資金調達を含めたリニューアル計画を検討している。なお、この金額にはスタッフとサーバーを維持するための年間100万ドル(約1.1億円)の予算は含まれていない。

arXivを運営するコーネル大学図書館(米国ニューヨーク州イサカ)は、「説得力あるビジョン」を掲げて支援者を集めたいと考えている。

科学者たちは、今のarXivを大いに気に入っているようだ。アンケート調査に回答した3万6000人のうち、arXivに「非常に満足している」あるいは「満足している」と答えた人は95%に上った。そして、ほとんどの人が、時代に合わせて変える部分があったとしても、基本的な部分は変えないでほしいと考えている。サイトの検索機能を向上させるような変更や、参考文献から論文に直接ハイパーリンクできるようにする変更については、支持する人が多かった(「arXiv利用者が求めていること」参照)。arXivの取り扱い分野を広げて化学なども含めることを希望する人もいた。ただ、arXivの科学諮問委員会の委員長David Morrisonは、そのためにはモデレーターになってくれる科学者を新たに集める必要があると指摘する。

拡大する

SOURCE: ARXIV

食い違う要望

回答が大きく分かれた質問もある。arXivはもっと大胆に変わるべきか、具体的には、arXivをソーシャルフォーラムへと発展させて、科学者が論文にコメントを付けたり評価を残したりできるようにするべきかという質問だ。実際、まさにそうした目的のために、arXivの周りにはSciRateやArxiv Sanity Preserverなど、いくつかのソーシャルメディアサイトができている。そのため一部の人々は、arXiv自体にそうした機能を持たせるべきだと主張している。ハーバード大学(米国マサチューセッツ州ケンブリッジ)の量子化学者Alan Aspuru-Guzikは、「arXivはもっとダイナミックに変わるべきです。読者がもみ殻と小麦を分けられるようにする必要があります」と言う。とはいえアンケート調査では、そうした変更について、「非常に重要である」「重要である」と回答した人は全体の約3分の1で、「重要ではない」「するべきではない」と回答した人もほぼ同数だった。

Riegerは、こうした食い違いは、arXivにオープンレビュー的な性格を持たせたいと考える研究者と、学術論文の迅速なやり取りを可能にするというコアミッションに集中するべきだと考える研究者の間の緊張関係を反映していると見ている。回答には世代による差もあるようで、30歳未満の回答者の方がコメントを可能にすることを支持する傾向があった。しかし、ソーシャル機能の導入を期待する回答者も、好き勝手にはコメントできない方式を強く望んでいた、とRiegerは言う。

コーネル大学(米国ニューヨーク州イサカ)の物理学者で、World-Wide-Web以前の時代の掲示板として1991年にarXivを立ち上げたPaul Ginspargは、「つまり、『論文を公開するという基本的な仕事に集中し、手を広げすぎたり商売に走ったりするな』ということでしょう」と分析する。

チェックとバランス

けれどもGinspargは、arXivの利用者は、実際に手にしてみるまでは自分が何を望んでいるのか分かっていないことがある、と指摘する。arXivは現在、投稿された論文のテキストに他の論文との重複がないかをチェックし(潜在的な剽窃のチェック)、論文を正しい主題領域に分類し、科学的価値がほとんどない論文を却下している。研究者たちはこうした品質管理サービスを気に入っているが、「実は、利用者からの要望を受けて始まったものではないのです」とGinspargは言う。彼は、この5年ほどの間に、毎月投稿される9000本以上の論文をフィルターにかけ、人間のモデレーターの注意を喚起する自動機械学習コードを導入した。

2016年9月にはarXivの諮問委員会が開かれ、今後の発展のロードマップを策定し、サイトの刷新に必要な資金を調達する方法について議論する。arXivは現在、メンバー機関(主に図書館だが、助成金提供機関もいくつか含まれている)とシモンズ財団(米国ニューヨーク)によって維持されているが、今後、米国立科学財団(NSF;バージニア州アーリントン)などの支援を受けることも議論されている。また、出版社や学会に支援を求める可能性もある、とRiegerは言う。

彼女はまた、そうした支援を受ける場合には、arXivが客観性を保てるように配慮しなければならないと考えている。「私たちは、arXivが中立で、信頼されるサービスであり続けられるようにしたいのです」。

(翻訳:三枝小夜子)

キーワード

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度