News

X線天文衛星「ひとみ」の遺産

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160902

原文:Nature (2016-07-06) | doi: 10.1038/nature.2016.20212 | Dead X-Ray satellite reveals galaxy cluster surprise

Alexandra Witze

本格運用前に空中分解した日本のX線天文衛星「ひとみ」は、観測装置の立ち上げ段階でペルセウス座銀河団を観測しており、銀河の形成と進化の謎を解き明かすための新たな手掛かりを置き土産にしていった。

巨大なペルセウス座銀河団の中心付近にある活動銀河ペルセウスA(写真)。 | 拡大する

NASA/CXC/Stanford/I. Zhuravleva et al.

2016年2月17日に打ち上げられた日本のX線天文衛星「ひとみ」は、3月26日に通信が途絶した。その後の宇宙航空研究開発機構(JAXA)による調査から、「ひとみ」はソフトウエアの問題と人為的ミスによって高速で回転し始め、構造的に弱い部位が破断・分離してしまっていたことが明らかになった。しかし、試験観測中だった2月25日と3月4日に、地球から2億5000万光年の彼方にあるペルセウス座銀河団を詳細に観察していた。ペルセウス座銀河団は、宇宙で最も質量の大きい天体の1つだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度