News Scan

遺伝子注入で絶滅回避

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160908a

クロアシイタチの遺伝的多様性を高めるため失われた遺伝子を再導入する試み

1987年に18匹しか確認されていなかったクロアシイタチは、飼育下繁殖と集中管理のおかげで、現在では数百匹に増えた。しかし、基本的にはどの個体も半同胞(片方の親が同じ)だ。遺伝的にクローンに近く、遺伝性障害や病原体、環境変化に対して同様の脆弱性を持っているため、悪条件にさらされると全滅しかねない。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度