News & Views

精子が卵と出会う時

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160934

原文:Nature (2016-06-23) | doi: 10.1038/nature18448 | When sperm meets egg

Karsten Melcher

受精、つまり精子と卵の結合は、精子のIzumo1と卵のJunoという2種類の細胞表面タンパク質が仲介する。それぞれのタンパク質について行われた構造解析と、Izumo1–Juno複合体の構造解析から、認識過程とそれに続く精子–卵融合についての手掛かりが得られた。

ヒトの受精は、精子が産生するIzumoと、卵に発現しているIzumoの受容体Junoの2種類のタンパク質相互作用により可能になる。しかし、この相互作用の詳細についてはよく分かっていなかった。このたび、トロント大学(カナダ・オンタリオ州トロント)のHalil Aydinら(562ページ1と、東京大学の大戸梅治ら(566ページ2は、IzumoとJunoそれぞれのタンパク質の結晶構造と、この2つのタンパク質が複合体を形成した状態でのX線結晶構造を原子レベルの分解能で明らかにし、Nature 6月23日号で報告した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度