News

情報の最小単位が原子に! 次世代メモリー誕生

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160906

原文:Nature (2016-07-18) | doi: 10.1038/nature.2016.20269 | Atom wranglers create rewritable memory

Ramin Skibba

格子状に並んだ塩素原子を原子操作で任意の場所に動かし、原子と空孔の並び方を利用して、原子1個につき1ビットの情報を持たせることのできる記憶デバイスが開発された。8000以上の原子ビットからなる約1キロバイトのこの「原子メモリー」は、1平方インチ当たり502テラバイトという桁外れの面記録密度を持つ。

原子(水色)と空孔(青色)からなる格子の一部。塩素原子1個と空孔1個の対が1ビットに相当し、上段・下段の順に「空孔-塩素原子」で「0」、「塩素原子-空孔」で「1」を意味する。この列は1バイト(8ビット)のデータに相当し、アルファベットの「e」を表す。 | 拡大する

Courtesy of TU Delft

年々性能が向上しているスマートフォンやタブレット。だが、こうしたデバイスに持たせることのできる演算処理能力には物理的な壁がある。「チップに搭載できるトランジスターの数は2年ごとに2倍になる」という『ムーアの法則』は有名だが、デバイスの微細化というトップダウン方式の小型化は、際限なく続けられるわけではないからだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度