News & Views

肢再生に欠かせないシグナルの連携プレー

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160827

原文:Nature (2016-05-19) | doi: 10.1038/nature17889 | Limb regrowth takes two

Miguel Torres

有尾類は優れた器官再生能力を持ち、例えば四肢を切除されても元通りに再生することができる。メキシコサンショウウオを用いた研究から、こうした肢再生では、2種類のシグナル伝達分子が互いに協力し合いながら複雑な再生過程を調節していることが分かった。

驚異的な再生能力を持つメキシコサンショウウオは、アホロートル、ウーパールーパーとも呼ばれ親しまれている。 | 拡大する

Henrique NDR Martins/iStock / Getty Images Plus/Getty

イモリやサンショウウオなどの有尾類が切除された肢や尾を再生できることを初めて報告したのは、イタリアの博物学者ラザロ・スパランツァーニ1で、18世紀のことだった。以来研究者たちは、哺乳類が進化の過程で失ったとされるこの素晴らしい能力をよみがえらせようと、有尾類の器官再生レシピを明らかにする努力を続けている。40年前に行われた実験2では、イモリの肢の再生には、肢の前側と後側(親指に近い側とその反対側)の両方の組織が必要であることが示されたが、それがどのようなメカニズムで進むのかについては謎のままだった。このたび、ドレスデン工科大学およびマックス・プランク分子細胞生物学・遺伝学研究所(ドイツ・ドレスデン)に所属するEugeniu Nacuらは、肢再生に前後の組織が必要であることの理由が、それぞれの組織から分泌される2つの拡散性シグナル伝達分子にあることを明らかにし、Nature 2016年5月19日号407ページに報告した3

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度