News

知性の指標を探す遺伝子バリアント研究に賛否両論

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160810

原文:Nature (2016-05-12) | doi: 10.1038/533154a | Gene variants linked to success at school prove divisive

Erika Check Hayden

学校に通う年数に影響を与える74個の遺伝子マーカーが突き止められた。研究チームはまた、就学年数は知性の代理指標となり得るとも述べている。

拡大する

Liam Norris/Getty

社会科学分野で行われたこれまでで最も大規模な遺伝学的研究で、個人が終了した正規の学校教育の年数に関連付けられる数十個のDNAマーカーが発見され、Nature 5月26日号539ページに発表された。この研究1では、約30万人の遺伝物質が分析された。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度