Japanese Author

免疫から逃れるがん特有のゲノム異常発見

小川 誠司、片岡 圭亮

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160818

がんゲノムの研究における第一人者、小川誠司教授は、血液がんをはじめ、さまざまながんの仕組みを解き明かしてきた。今回、片岡圭亮特定助教とともに行ったがん症例の大規模解析により、がんが免疫から逃れる仕組みの1つを解明した。この知見を利用すれば、免疫チェックポイント阻害剤の効果が予測できるのではないかと考えられ、注目を集めている。

–– がんと免疫に関する研究を発表され1、話題ですね。

小川: 今、世界中で注目されているがんの治療薬に「免疫チェックポイント阻害剤」があります。今回の研究では、それに関連する発見があったので、反響が大きくなりました。企業からの問い合わせが何件もありました。

免疫治療薬が注目されている時代

–– 免疫チェックポイントとは、そもそも何ですか。

小川: 今回の研究を実際に進めてくれた片岡君に、説明してもらいましょう。彼は血液内科が専門でしたが、2年半前にこの研究室に来てから、さまざまな新しい分野に挑戦してくれています。

片岡: 生体中の異物を攻撃するのが免疫反応です。「免疫チェックポイント」は、この免疫反応が過度にならないようにブレーキをかける役割をするタンパク質のことです。

体にがん細胞が生じると、そのがん細胞に対しても免疫反応が起こります。ところが、がん細胞は、免疫細胞からの攻撃を低減させるために免疫チェックポイントを活性化させることが、近年の研究で分かってきたのです。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度