News & Views

ブラックホールは老いた銀河を操る

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160829

原文:Nature (2016-05-26) | doi: 10.1038/533473a | How black holes restrain old galaxies

Marc Sarzi

年老いた星が多数を占める銀河には、星の材料になるガスがあるのに星が作られないものが多い。銀河の中心にあるブラックホールが銀河の中のガスをかき回し、星形成を抑え込んでいるとみられることが観測から分かった。

Akiraのイメージ図。Akira(右)の重力によって伴銀河(左)のガスがAkiraの超大質量ブラックホールに引き込まれ、ガスのアウトフローが発生している。 | 拡大する

Kavli IPMU

年老いた星が多数を占める銀河には、星の材料になるガスがあるのに星が作られないものが多く、その理由は謎だった。銀河の中心にある超大質量ブラックホールに物質が降着するとき、超大質量ブラックホールが、そのホスト銀河のガスを排出する強力なエンジンになり、星形成を止めている可能性がある1。天文学者たちは、超大質量ブラックホールが星形成をまさに抑制しているところの決定的な証拠を、特に銀河系(天の川銀河)近傍の銀河で捉えようとさまざまな試みをしてきた2,3が、それは容易ではなかった。今回、東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構(千葉県柏市)の特任研究員であるEdmond Cheungらは、最先端の観測機器による観測結果に基づき、年老いた赤い星がすでに支配的な銀河で、超大質量ブラックホールが銀河の中のガスをかき回すことにより、新たな星の形成を抑え込んでいるとみられることをNature 2016年5月26日号504ページで報告した4。彼らは、ついにそのメカニズムを明らかにしたのかもしれない。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度