News

セシウム使用中止の圧力に苦悩する生物学者たち

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160816

原文:Nature (2016-05-12) | doi: 10.1038/533156a | Biologists struggle with push to eliminate radioactive caesium in labs

Jeff Tollefson

放射性セシウムの盗難を懸念し、生物医学研究で広く用いられているセシウムγ線照射装置をX線照射装置へと切り替える検討が各国で進む中、研究者たちは、研究結果に影響を与えかねないと憂慮する。

拡大する

Oleksandr Marynchenko/Hemera / Getty Images Plus/Getty

ベイラー医科大学(米国テキサス州ヒューストン)のMargaret Goodellの免疫学研究室でマウス実験を実施しようとする研究者は皆、米国連邦捜査局(FBI)による素性調査に始まる多くの安全対策に従わなければならない。というのは、Goodellは、幹細胞移植予定のマウスの骨髄破壊に、セシウム線源を用いたガンマ(γ)線照射装置を使用するからだ。米国政府は、放射性セシウムが盗まれて「汚い」爆弾の製造に使用されることを危惧しているのだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度