News

マクロライド系抗生物質候補の全合成に成功

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160705

原文:Nature (2016-05-18) | doi: 10.1038/nature.2016.19946 | Hundreds of antibiotics built from scratch

Heidi Ledford

単純な構造の化合物のパーツを組み立てていくという手法で、300種以上のエリスロマイシン類似体が合成された。その中には、多剤耐性菌に対して抗菌活性を有するものもあった。

エリスロマイシンは、皮膚、肺、喉、耳などのさまざまな感染症に用いられている。 | 拡大する

MARK SYKES/SPL/ GETTY

細菌のタンパク質合成を選択的に阻害するマクロライド系抗生物質エリスロマイシンは、感染症治療の要として60年以上もの間使われてきたが、抗生物質耐性菌の出現が問題となっていた。今回、化学者たちが抗生物質耐性に打ち勝つ方法を粘り強い努力によって編み出したことで、エリスロマイシンが再び脚光を浴びている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度