News

ゲノム探索でヒットを狙う製薬会社

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160718

原文:Nature (2016-04-28) | doi: 10.1038/nature.2016.19797 | Drug firm seeks genome bounty

Heidi Ledford

アストラゼネカ社は疾病に関連付けられる「まれな塩基配列」を探し出すため、200万人分のゲノムを調べる大規模事業を開始する。

拡大する

zmeel/E+/GETTY

世界最大手の製薬会社の1つであるアストラゼネカ社(英国ロンドン)は、この先10年にわたって、200万人分のゲノム塩基配列と医療記録を集めてまとめるという大規模な事業に着手した。その目的は、疾病に関連し治療に反応する希少なDNA塩基配列を掘り起こすことである。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度