News

「あかつき」から届いた最初の金星観測データ

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160708

原文:Nature (2016-04-14) | doi: 10.1038/532157a | Rescued Akatsuki spacecraft delivers first results from Venus

Elizabeth Gibney

金星周回軌道への再投入に成功し、見事復活を遂げた日本の金星探査機「あかつき」。今回公開されたのは試験観測の結果だが、そこには全球を覆う硫酸の雲の縞模様や大気中に見られる弓の形をした模様など、これまで目にしたことのない金星の姿が捉えられていた。

拡大する

Akihiko Ikeshita/AFP/Getty Images

宇宙航空研究開発機構(JAXA;東京都調布市)はこのたび、日本の金星探査機「あかつき」による最初の科学的成果を公開した。「あかつき」は、5年間に及び想定外の回り道を強いられたが、2015年12月に太陽周回軌道から救出され、金星周回軌道への再投入に成功した。今回公開されたのは試験的な初期観測のデータだが、その内容は、酸性の雲が作る縞模様の詳細な画像や、金星の大気中を動いていく謎の弓状模様の画像など、実に興味深いものだった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度