News

43万年前のヒト核ゲノムで判明した驚きの人類進化史

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160616

原文:Nature (2016-03-17) | doi: 10.1038/531286a | Oldest ancient-human DNA details dawn of Neanderthals

Ewen Callaway

43万年前の謎の旧人類シマ人の核DNAの配列が解読された。シマ人の正体が判明したのと同時に、現生人類とネアンデルタール人の種分岐が想定外に古かったことも分かった。

拡大する

Javier Trueba, MADRID SCIENTIFIC FILMS

ある旧人類のゲノム配列解読プロジェクトの結果が、Nature 2016年3月24日号504ページに発表された1。このプロジェクトの解読結果は、「世界一ぜいたく」な内容かもしれない。解読されたDNAは43万年前の骨から得られたもので、これまでに塩基配列解読が行われたヒトゲノムでは最古のものだ。この成果を発表した研究チームは、その骨に含まれるわずか0.1%の核ゲノムを解読するために、現生人類のゲノムを何十回も明らかにするのに相当する生データを得て、そのほとんどを破棄した。しかし、大量のゲノム配列解読とデータ破棄は必要なことだった。というのも、そのDNAは分解と汚染に見舞われており、不要な情報を特定して解読データから排除していく必要があったからだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度