News

P値の誤用の蔓延に米国統計学会が警告

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160612

原文:Nature (2016-03-10) | doi: 10.1038/nature.2016.19503 | Statisticians issue warning on p values

Monya Baker

科学者による値の誤用を止めるため、米国統計学会(ASA)が異例の声明を出した。

拡大する

marekuliasz/iStock / Getty Images Plus/Getty

2016年3月8日、米国統計学会(American Statistical Association;ASA)は、科学者の間でP値の誤用が蔓延していることが、多くの研究成果を再現できないものにする一因になっていると警告した。ASAは、科学的証拠の強さを判断するために広く用いられているP値について、「P値では、仮説が真であるか否か、あるいは、結果が重要であるか否かの判断はできない」として、その利用法の指針を発表するという異例の動きに出た。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度