News

現生人類が「ホビット」を絶滅させた?

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160602

原文:Nature (2016-03-30) | doi: 10.1038/nature.2016.19651 | Did humans drive ‘hobbit’ species to extinction?

Ewen Callaway

最新の発掘調査により、「ホビット」の愛称を持つフローレス原人が生きていた時代が、これまで考えられていたより数万年も前だったことが示された。

「ホビット」の愛称を持つフローレス原人H. floresiensisの頭蓋骨(中央)。 | 拡大する

JIM WATSON/AFP/Getty Images

2003年にインドネシアのフローレス島で発見されたフローレス原人Homo floresiensisは、トールキンの小説にちなんだ「ホビット」という愛称を持つ、小柄で謎めいた化石人類だ。今回、この骨の年代が当初の推定より数万年も古いことが明らかになり、Nature 2016年4月21日号に報告された1。当初の報告に基づくと、フローレス原人は、現生人類がフローレス島にやってきた後も数万年間にわたり生き延びていたことになり、類人猿に似た点もあるこの原始的なヒト属が、現生人類とどのように共存していたかが論争の的となっていた。だが、このたびの報告により、フローレス原人が現生人類と共存していたどころか、現生人類によって絶滅に追い込まれた可能性が出てきた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度