News

植物の進化を追う空前規模の種子保存バンク

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160620

原文:Nature (2016-03-10) | doi: 10.1038/531152a | Resurrected seeds to track evolution

Daniel Cressey

気候変動に応答して植物がどのように進化するかを調べるための種子バンクが米国で創設された。

ジョシュアツリー(Yucca brevifolia)は、Project Baselineの種子バンクに保存されている約60種の中の1つ。 | 拡大する

MICHAEL MARQUAND/GETTY

米国コロラド州フォートコリンズにある米国農務省の施設。そこには室温が−18℃に保たれた貯蔵所があり、現在、500万個以上の種子が冷凍保存されている。種子バンク「Project Baseline」である。大半の種子バンクの目的は生物学的な多様性を保全することだが、Project Baselineはそうではない。これらの種子は進化学の研究のためのもので、使用できるようになるのは早くても数年先、最長で50年後である。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度