News

実験機器は「オープンハードウエア」で安価に

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160622

原文:Nature (2016-03-10) | doi: 10.1038/531147a | ‘Open-hardware’ pioneers push for low-cost lab kit

Elizabeth Gibney

実験機器の設計図を無償で公開して誰でも自作できるようにする「オープンソース・ハードウエア」ムーブメントを盛り上げようと、スイスで会議が開かれた。

実験機器は自作できる:3Dプリンターで作れるマイクロピペット(左)と、3Dプリンターで作れるオープンソース光学顕微鏡プラットフォームFlyPi(右)。 | 拡大する

UNIV. TÜBINGEN & CHRISTOPH JÄCKLE

研究室の実験機器の多くは、市販のものを購入しなくても、ネット上で無償で入手できる「オープンソース・ハードウエア」の設計図を利用して、はるかに安価に自作(さらにはカスタマイズも)できる。このことを知る科学者はほとんどいない。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度