News

HDLコレステロールは本当に善玉か

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160504

原文:Nature (2016-03-10) | doi: 10.1038/nature.2016.19543 | ‘Good’ cholesterol mutation linked to heart disease

Heidi Ledford

「HDLコレステロール値を上昇させれば心疾患のリスクを低減できる」という考えに反する遺伝学的研究結果が報告された。

多くの心疾患治療薬は、「悪玉」のLDLコレステロール値を低下させることを目的としている。 | 拡大する

GIPhotoStock/Cultura/Getty

コレステロールは数十年にわたって、明確に2つに分けられてきた。心臓に対して悪い作用をもたらす「悪玉」の低密度リポタンパク質(LDL)コレステロールと、良い作用をもたらす「善玉」の高密度リポタンパク質(HDL)コレステロールだ。しかし今回、真実はそんなに単純なものではないとする証拠が新たに1つ付け加えられた。HDLコレステロール値が高くても心疾患のリスクが低減するわけでないことが、ペンシルベニア大学ペレルマン医学系大学院(米国フィラデルフィア)のDaniel Raderを中心とする研究コンソーシアムによって2016年3月10日にScienceに報告されたのだ1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度