News & Views

遺伝学と生理学がついに結び付いた

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160527

原文:Nature (2016-02-11) | doi: 10.1038/nature16874 | From genetics to physiology at last

Ryan S. Dhindsa & David B. Goldstein

統合失調症発症のリスクと強い関連性がある遺伝的変異の1つが特定された。シナプスの刈り込みに関与すると考えられている補体因子C4遺伝子だ。神経生物学とを結ぶ手掛かりがようやく得られ、創薬につながることが期待される。

統合失調症は世界人口の約1%が罹患する重篤な慢性神経精神障害である。統合失調症の遺伝的リスク要因が明らかになれば、この病気の生理学的諸原因を特定できると長い間期待されてきたが、何十年にもわたる集中的な研究にもかかわらず、統合失調症の生物学的原因はいまだによく分かっていない。しかし、Aswin SekarらがNature 2016年2月11日号177ページに報告した見事なゲノム・神経生物学研究1により、ついに待望の結果がもたらされた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度