News

米国立がん研究所がモデル細胞株を刷新

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160509

原文:Nature (2016-02-25) | doi: 10.1038/nature.2016.19364 | US cancer institute overhauls cell lines

Heidi Ledford

抗がん剤スクリーニングに長年広く用いられてきたモデルを、マウス体内で増殖させたヒト腫瘍細胞(PDX)に切り替える方針だ。

拡大する

Dlumen/ iStock / Getty Images Plus/Getty

米国立がん研究所(NCI;メリーランド州ベセスダ)は、大半の薬剤スクリーニングにおいてヒトがん細胞株パネル「NCI-60」の使用をやめることを決定した。NCI-60は、NCIが開発した培養ヒトがん細胞株60種からなる抗がん剤スクリーニング用パネルで、1990年以降の製薬業界および研究界は、NCI-60を使って10万種類以上の化合物をスクリーニングしてきた。NCIは、世界中の研究者に大いに利用されてきたこのパネルに変わる新生リポジトリを2016年夏前には開設するという。新しいがんモデルは、採取して間もない患者検体に由来し、詳細な臨床履歴の標識が付けられる。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度