News

ティラノサウルス類進化の謎を解く新種か?

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160506

原文:Nature (2016-03-14) | doi: 10.1038/nature.2016.19555 | Horse-sized dinosaur sheds light on T. rex’s origins

Adam Levy

ウズベキスタンで、新種の小型ティラノサウルス類の化石が発見された。その年代と特徴は、ティラノサウルス類が複雑な感覚系を進化させてから急激に巨大化したことを示唆している。

Timurlengia euoticaの復元骨格。赤色は化石が発見されている骨を示す。 | 拡大する

Proceedings of the National Academy of Sciences

ティラノサウルス・レックス(T. rex)に代表される後期白亜紀(8000万~6600万年前)のティラノサウルス類は、これまでに地上を歩いた最大級の肉食動物であり、その巨大さと優れた感覚系によりアジアや北米大陸の生態系において長く最上位捕食者として君臨したことが分かっている。しかし、中期ジュラ紀(約1億7000万年前)に出現したその祖先は、はるかに小型で、概してウマほどの大きさしかなく、後のティラノサウルス類とは対照的に頭が小さくて腕が長く、優れた嗅覚や低周波領域の聴覚もなかった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度