News Feature

品質保証ブームを巻き起こせ!

ラボでの日々の実験に「品質保証」を取り入れてほしい。お金と時間を費やしてでも積極的に取り組む価値がある。それを知ってもらおうと奮闘している研究者がいる。

拡大する

CHRIS RYAN/NATURE

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160422

原文:Nature (2016-01-28) | doi: 10.1038/529456a | Quality Time

Monya Baker

ミネソタ大学(米国ミネアポリス)獣医学部の内分泌研究者Rebecca Daviesは、「品質保証」という言葉に恐れをなした頃のことを今も覚えている。2007年、彼女は大学から「品質保証システムを構築するためのチームを率いてほしい」という打診を受けた。当時、同大学の獣医学診断研究所(米国セントポール)は、米国獣医病理診断医協会の認証を取得したいと考えていた。その取得には、ペット、家禽、家畜、野生動物の疾患をモニターするため数万件の検査を正確に実施できる品質保証システムを構築する必要があった。彼女は当時を振り返り、「考えただけでも大変そうで、胃が痛くなるような気がしました」と言う。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度