News

「マイクロプラスチック」がカキの生殖系に及ぼす影響

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160405

原文:Nature (2016-02-02) | doi: 10.1038/nature.2016.19286 | Microplastics damage oyster fertility

Daniel Cressey

プラスチックの微粒子「マイクロプラスチック」を体内に取り込んだカキは、生殖能力が低下することが実験で示された。プラスチックによる海洋生態系の破壊について、懸念がますます高まっている。

北太平洋で採集されたマイクロプラスチック。これらがさらに細片化するとネットでの回収も困難になる。 | 拡大する

Universal Images Group via Getty

世界中の海には、プラスチックの小さなかけらが大量に漂っている。今回、新たな研究から、こうした微小なプラスチックを摂取したカキでは、誕生する幼生の数が少なく、生まれた幼生の健康状態も劣るなど、生殖に関するさまざまな悪影響が見られることが報告された1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度