News

ヒトゲノム編集に関する国際会議

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160313

原文:Nature (2015-12-10) | doi: 10.1038/528173a | Global summit reveals divergent views on human gene editing

Sara Reardon

ヒトゲノム編集の倫理的、社会的、法的な問題が議論され、各国の見解の相違が浮き彫りになったが、合意が得られた部分もあった。

拡大する

Bruce Rolff/Hemera/Thinkstock

2015年12月1〜3日、ワシントンD.C.に20カ国以上から総勢約500人の科学者、倫理学者、法律専門家、人権擁護団体関係者が集まり、遺伝子編集技術のヒトへの使用に関する指針を設けるために話し合った。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度