News

エボラ血漿療法に有意差なしの結果

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160304

原文:Nature (2016-01-06) | doi: 10.1038/nature.2016.19125 | Trial of blood-based Ebola therapy disappoints

Declan Butler

エボラ出血熱からの回復者の血漿で患者を治療できると期待されていたが、最初の臨床試験では死亡率の有意な低下は見られなかった。だが専門家たちは検討の余地があると見ている。

拡大する

Martynasfoto/iStock/Thinkstock

2015年2月、アントワープ熱帯医学研究所(ベルギー)の研究者を中心とした国際コンソーシアムは、エボラ出血熱からの回復者の血漿を集め、ギニアの首都コナクリにあるドンカ病院内エボラ治療センター(国境なき医師団によって運営)の84人のエボラ出血熱患者に血漿を投与する臨床試験を開始した。その結果が、2016年1月7日にNew England Journal of Medicineに掲載された1。この試験では血漿療法による死亡率の低下は認められなかったが、専門家は、エボラ出血熱の治療法の選択肢から血漿療法を除外すべきと結論を出すには早計だと言う。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度