News

現代人の免疫応答を左右するネアンデルタールDNA

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2016.161202

原文:Nature (2016-10-20) | doi: 10.1038/nature.2016.20854 | Neanderthal DNA affects ethnic differences in immune response

Sara Reardon

欧州系集団とアフリカ系集団の免疫細胞を比較した2つの研究から、これらの集団間に見られる、感染に対する免疫応答の強さや自己免疫疾患への罹患リスクの違いが、ネアンデルタール人由来のDNAの有無によって説明できる可能性が示された。

肺胞内で結核菌(黄色)を捕食するマクロファージ(淡紫色)。こうしたマクロファージや単球といった免疫細胞の感染に対する応答は、アフリカ系の人と欧州系の人で異なっている。 | 拡大する

selvanegra/iStock/Getty Images Plus/Getty

欧州系の人々とアフリカ系の人々とでは、感染に対する免疫応答が異なる。この理由がネアンデルタール人由来のDNAの存在で説明できる可能性が、2つの独立した研究から示された。アフリカ系の人々は、免疫系が自己の細胞や組織を攻撃する自己免疫疾患の罹患リスクが高いことが知られており、今回の知見はこうした疾患のリスク因子特定にも役立つ可能性がある。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度