News & Views

体が水分バランスを予測する仕組み

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2016.161231

原文:Nature (2016-09-29) | doi: 10.1038/537626a | Forecast for water balance

Michael J. Krashes

哺乳動物の体は、体内の水分バランスが乱れると衰弱することがある。今回、2つの研究で、渇きに応答し、渇きを予期して、計画的に水分を調節している脳領域がマウスで特定された。

拡大する

Sean Savery Photography/Moment/Getty

私はのどの渇きを感じると水を飲む。このように、日常生活で水を飲むことは非常に重要であるにもかかわらず、水分摂取の背後にある生物学的な仕組みについて考えることはほとんどない。冷たい水を一杯飲むと、すぐにのどの渇きが癒やされたと感じるのはなぜなのだろうか? 食事のときに必ず水を飲むのはなぜなのだろうか? 私は毎日決まった時間に水を飲むが、それはどうしてなのだろう? これらの疑問に対する答えの手掛かりとなる2本の論文がNature 2016年9月29日号に掲載された。カリフォルニア大学サンフランシスコ校(米国)のChristopher A. Zimmermanら1と、マギル大学ヘルスセンター研究所(カナダ)Claire Gizowskiら2はそれぞれ、マウスで渇きの予期を仲介するニューロンのサブタイプを明らかにした。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度